田村光男さんの命日に

db0c2b2d22ee8624bab71be223fc6617

先日11/21は

田村光男さんという

ステーションというイベント会社の社長の

一周忌でした。

 

彼との出会いは数年前

 

ミュージック&リズムス

東京キッズという東京都主催の

子供と太鼓のイベントがあり

 

 

初回と2回目に講師として参加させて頂き

初回立ち上げの段階で

総指揮官の田村光男さんと初めてお会いしました

 

どういういきさつだったのか

忘れてしまいましたが

私の家までわざわざ来てくださり

このイベントに掛ける彼の情熱など

色んなお話を聴きました

 

頑固そうだけど

無邪気な少年のような

好奇心、冒険心たっぷりの方

というイメージ

 

知識も豊富

そして独自の考えを持ち

機関車のように

強い信念で皆を引っ張っていく

 

そんなイメージの人でした

 

 

しばらく会っていなくて

Facebookで

友達申請が来ました

 

あれ?田村さんがFacebook?!って

ちょっとびっくりしましたが

覚えていてくれた事も

申請してくれた事もとても嬉しく

近いうちにそちらの事務所に

遊びにいきますねというような

お話をしました

 

その半年後くらいに

突然、訃報が。。。

 

あっておけばよかった

 

もう二度と会えなくなりました

 

もっと聞いておけば良かった

色んな話を

 

彼がどんな人生を歩んで来たのか

どうしていまのような

ことをすることになったのか

どのようなモチベーションで

こんなに沢山のイベントを

立ち上げて来たのか。。。。

 

でも、もう二度と

会えなくなりました

 

先日、11/21は

その田村さんの一周忌でした

 

命あるものは

いつか必ず死にます

それは全員平等に

一人残らず

 

どんな天才も

どんな美女も

どんな富豪も

 

肉体という乗り物を降りても

私たちの意識はあるとはいっても

肉体があるからこそ

交流できるという部分もある

 

意識が違う人とは

なかなか肉体を降りたら

会えないでしょう

 

だからこそ

この世界での出会いは貴重で

 

意識の強烈な変革が

誘発されるわけです

 

できるだけ

ご縁があった人との交流は

大事にしたいと

思いながらも

 

日々の雑多な事に追われ

転がるように過ぎていく日々

 

そうしてはたと気づいたら

 

もっとこうしておけばよかったと

思いながら

 

人生が終わりに近づいている

ということに

なって欲しくはない

 

 

人生は、はかないものなのかもしれない

 

人との出会いは

どれだけのパワーをもたらすか

 

自分のカラを破るために

どれだけの影響を頂く事ができるか

 

その人といる事で

感情が動くのであれば

それは

大きな気づきの前触れかもしれない

 

 

 

タイムリミットがあるから

走り抜けることができる

 

精一杯生きようと思った一日でした

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

e0e4cdd0e26ff3d6ee1618404873750c

2017.5.12

528Hz記念日(勝手に)にアンチエイジングセミナーやります

毎年、5/28は勝手に 528Hz 記念日として ライブやったりしております 今年は、お客様からのリクエスト…

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る