周波数でなぜ癒されるのか?

dcf940f4ff9ba9fba0dd85f15df2e68f

周波数というのは大抵 Hz(ヘルツ)で表されますが

これはざっくり言うと、1秒間に振動する波の数

 

音楽を聴いて、心地よくなって

癒される経験をしたことがある人は

たくさんいらっしゃると思います

 

最近、音叉などでのヒーリングや

わたしもやっているクリスタルボウルのヒーリング

などがどんどん世の中に出てきました

 

個人的にはなるべく大きな音

または

振動が体に伝わるほうが

効果があると感じております

 

 

なぜ周波数で癒されるのでしょうか

 

すべてのものは

それらの持っている

固有振動数に近づいてくると

共鳴が起こります

 

共鳴とは、近くにある他のものが

一緒に振動することをいいます

 

つまりブルブルと震わされるわけです

 

クリスタルには、

クリスタルアパタイトという成分が

含まれていますが

それが人の骨の成分と酷似しています

 

だからクリスタルボウルの音を聞くと

人の土台である骨が共鳴して振動し

 

体の機能があるべき場所に戻り

それによって、緊張が緩和し

リラックスが起こるのではないかと思っています

 

背骨なんかも、ゆらゆらすると

それだけで

ずれていたものが元の位置に戻ったりしますよね

 

おそらくそのような現象が起きているのではないか

と私は思っています

 

それぞれの臓器や骨などにも

すべてに固有振動数があります

 

だから最近は

波動で病を治癒させる補助をする

施設もありますね

私も行ってみました

 

やる前とやった後の

血液を検査するのですが

驚くような変化がありびっくりしました!

やる前は、ドロドロの血液だったのが

終わった後には、さらさらと流れていました

 

さらに、

ハイパーソニックエフェクトという効果が、

いま盛んに研究されています

 

それは、可聴音(人の耳に聞こえる音20Hz~20kHz)以上の

高い周波数の音と、

耳に聞こえる可聴音を、

同時に、しかも音楽のような

繊細で複雑な動きをする音で聞くことで

セロトニンが増加し

感動が起こり

免疫が向上するという効果のことですが

 

クリスタルボウルには

可聴音以上の音がたっぷり含まれています

 

また、

人の遺伝子は、528Hz周辺の周波数と言われています

(すべてのものには固有振動数があります)

444Hzに調律したときの高いドの音です

 

ですので、528Hzをきくと

遺伝子が修復されるというのは

まんざら嘘でもないのかもしれません

 

ちなみに、528Hzについて

すべてのものは、温度や湿度などで

微妙な周波数の違い、誤差が生じるので

528Hzぴったりのものは難しいという本を

読んだことがありますが

 

ぴったりである必要はないんですね

というのも、近い周波数になると

ものは共鳴を始めるからなんです

ぴったりの周波数だけが

共鳴を起こすわけじゃないんです

 

このあたりのことは

すごく面白くて

いろんな本を読んでいるところです

 

シュタイナーが、

これからの医療は音楽になると言っていた

という話を聞いて

そうだ!!と思わずにはいられない私です

 

そんな未来が楽しみでなりません

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

e230c59ecbfd456b9de9dcd3f08e6311

2015.3.12

泣けました

今日、528 & Nature のCDを聴いてくださった方から メールを頂きました 〜*〜*〜*〜*〜 (A.Hさま)…

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る