思考と感情

1307383249H7uqtQ

うちの父がリウマチになってしまい

是非、シータヒーリングをさせて頂こうと思い

電話で話をしました

 

気をつけるべき食べ物の話は

興味を持って聞いてくれますが

 

思考パターンの話になると

渋い反応。

 

自分の娘に

思考パターンを変えてみたら

なんて言われたくないですよね^^;

わかっているんですが、、

 

もしそれによって

身体の症状が楽になるのなら

試してみる価値はあるのでは?

と、思ってしまうのは

私のエゴかもしれません

 

私の中では

思考は、今までの生活習慣や環境

住んでいる地域の思考パターン

または遺伝的なものが組み合わさって

出来ているもの

 

という感覚があって

 

手放す事も、書き換える事も

簡単

と思っています

 

でも

人によっては

思考

イコール

自分自身

 

みたいに思ってしまうのかもしれません

 

 

思考パターンは

自分で選択した物もあれば

気づかないうちに入ってしまっている物もある

 

 

気づかないうちに入るものとは、

小さい頃の親やその他、外的な言葉や態度などを受けて

無意識のうちに形成されたものです

または手術のときや

意識を失っていた時に、交わされていた言葉なども

入ってしまう事があります

 

ですから、

その思考は自分の本質とイコールではないんですよね

ご存知とは思いますが。。。

 

そして感情ですが

 

思わしくない感情が出てくる時には

それに関連する思考パターンがある

ということを知らせてくれる

アラートです

 

感情は、思考パターンと

非常に密接に結びついています

 

自分の負の感情だけ封印しても

その元となる思考パターンを変化させなければ

感情は何度でも出てきます

 

また巷で言われている

プラス思考ですが

 

潜在意識に入っている

思わしくない思考パターンに気づかないまま

意識的にプラス思考をしようとしても

なかなかうまくいかないものです

 

まずは、自分で

潜在意識の思考パターンに

気づく必要があります

 

そうすれば、

プラス思考にしようとしなくても

自然と前向きな思考に変化していきます

 

それには感情が

とてもよい目印になってくれます

 

 

例えば

人を批判する事をやめたいと思っても

なかなかやめられない

気づくと人を批判している自分がいる

または、人に対して嫌な気分になる

 

その場合、

大きく分けて

2つの原因が考えられます

 

ひとつは

自分自身を、批判していないか?

 

小さい頃に

善し悪しを非常に厳格に叩き込まれて来た場合

これは良い事

これは悪い事

という

とても厳格な

判断基準を持ってしまう

ことがあります

 

そうすると、

人にも

自分にも

2元論的に判断してしまう

ことになります

 

 

よく、自分のした事が

自分に帰ってくるといいますが

それは

こんな仕組みですね

 

人にしている事を

自分にもしてしまうのです。

 

だから、

人を批判ばかりしている人は

人前に出るのは怖いですね。

自分もされると思うからです

 

大勢の人の前で自分を開くには

他人に対して

批判的な思考を持たない事

そして、批判されても

それは、その人の見方であるということを

知っていること

 

それから

もうひとつは

批判する事で

なにがしかの得が自分にある場合です

 

例えば、

批判する事で

他人より優位に立つ事ができる

などです

 

この場合は、

もう少し深い所に

問題があります

 

つまり、

自分に対する自己評価が

低いのが原因になっています

 

自分の自己評価が低いために

他人から評価をもらいたい

 

または

他人より優位に立つ事で

自分を肯定できるという

状態です

 

私も

実はこんな状態が

長く続いていました。

 

原因は

小さい頃の両親の思考を

受け継いでいたこと

 

しかし反面、両親とも

私を大事に育ててくれて

とても可愛がってもらっていたので

 

面白いことに

自分はなんでもできる

という思考と

自分は価値がないというような

相反する思考を

両方持っていたのですね

 

こういうことは

誰でもよくあります

 

ブレーキとアクセルを

同時に踏んでいる状態です

 

とくにお金に関する思考では

ブレーキとアクセルを

両方持っている人が結構います

 

こういう状態だと

前にも進めないし

そんなに酷くもならない

 

ですから、

相反する思考がないか

チェックしてみるとよいです

 

 

さてさて

あまりに長くなってしまったので

まとめますと

 

感情は

潜在意識にある思考パターンを

見つけるのに

とてもいい道具である

ということ

 

いやな感情が起きた時は

自分に取って必要のない

思考パターンが入っていることを

示しています。

 

瞑想をしたり

カウンセリングを受けたりして

自分の潜在意識を探ってみると

大きな変化を起こすことができるでしょう。

 

シータヒーリングのセッションは

とても簡単で

しかもとても効果的

カウンセリングなどよりも

ずっと早く結果が出ます。

大抵は、1度のセッションで

ターゲットの思考パターンを書き換える事ができます

 

近くにシータヒーラーがいない場合は

Skypeセッションもしておりますので

お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちら

 

こちらからメールをくださった方には

7月末まで限定で

12,000/1H のところ

 

8,000 /1H

 

にて承っております

基本はSkypeセッションです

お気軽にお問い合わせください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ニュージーランド

2017.9.12

おとの雫@葉山

ハワイリトリートが近づいてきて ちょっとドキドキしています さて、10月21日、新月の翌日に おとの雫…

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る