クンルンネイゴン

Northern lights in Norway

先日、伯井ゆきさんの個人セッションを受けてきました

彼女は、マックスクリスチャンセンという

クンルンネイゴンの伝道師でもあり、覚者でもある方から

指名され、認められた、クンルンの先生です

 

クンルンネイゴンはとにかく

気持ちがいい。楽しい!

私には合っているようです

 

で、先日のセッションではワンブレスという呼吸法をやりました。

基本、クンルンは道教の教えなので

手放す、というのが基本で

何かが起こっても、それはそれとして受け止め、流し、

手放していく

というのをやるんですね。

 

ワンブレスでは

呼吸をしていくときに

例えそれが深くて安定していようとも

浅くても

自分の今日の状態をただ受け止め

判断せず

その状態で独特の呼吸をします

長く出来なくてもいいんです

それを受け入れる

 

これ、

実は私の中にある大きなブロックだったんです

判断する、批判する

自分自身に対しても

そして他人に対しても。

 

今年の目標でもあった、これを外す事

これがぼこっと取れた

 

そしたらすごいんです

光が見えて

人のオーラとか

動物のオーラとか

 

数日前に降った雪が残る

庭に出て

雪の上にごろんと仰向けになったら

雪のエネルギーがうわっと流れて来る

生まれたばかりの私が

母の腕に抱かれているような

なんともいえない安心感と包まれている感じ

地球に、大地に抱かれている感じ

そして雪が、地球のエネルギーのひとつであるということや

エネルギーの流れとかも感じて

すごい不思議な気持ちになりました

 

月を見上げたら

月が私をじっと見ていた

それは私が月を見たからみたいなんだけど

その月と私は、同じエネルギーだというのもわかった

あ、わたしだけでなく、みんなですね。

 

猫がいるんですけど

猫とハグしたら

猫はわたしで、私が猫で

猫と私がひとつである

と、実感しました。

 

わたしは、頑張らずとも

このままでいいのだ

ということを

本当の意味で感じたのは

大人になってから初めてかもしれない

 

いままで、シータヒーリングなどで

散々ブロック解除、思考パターンのクリアリングなど

やってきました。

それが、肉体の行で、相乗効果を産み出したかんじ

 

エネルギーが先

魂が先

だから身体はついてくる

という事を聞いた事があります

でも、魂ばかりでも

やはり違うんだというのを実感

 

やはり、どれも大事

そしてこの世にいるということは

肉体を持っている事で

 

肉体的に感じるという

面白い体験ができる訳で

 

それもこの地球にいる醍醐味かなと思います

 

どんどん、クリアリングが進むと

色んな事がよくわかるようになってくるんですね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

ebfc62febfeb812d0f6da2a85f518418

2014.6.8

ソウルメイトを引き寄せるには?

第6回目を迎え、 おかげさまで毎回満席御礼。 リピートしてくださる方の多い 須藤萬夕さんとの共同開催ワークショップ …

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る