失敗を恐れる気持ちから脱却する方法

ねこしゃけ

失敗は怖いですか?

普通は怖いですよね

 

でも、人生を無難にやり過ごして

人生の最後に、何もない人生でよかったと思えるなら、

何もしなくても良いんですが

 

そうでもないと思っている人のために

今日はこれを書いています

 

わたしも、怖がりでしたので

よ〜くその気持ちわかります

 

で、どう考えたらいいかというお話です

 

まず、大前提として

もし、ゲームで絶対成功する、100%うまくいくゲームがあったら

あなたはやりますか?

たとえば、ゴルフゲームで

どんな風に打っても、かならずホールインワンするゲーム

 

面白くないですよね?

 

ということは、最初はうまくいかないかもしれないけど

それを微調整しながら、上達して達成していくのが

楽しいのではないでしょうか?

 

人生とは、そのようにして成長を楽しむための遊びだとしたら?

 

私の周りは行動力のある人がとても多くて

考えた瞬間に動いているという人もいらっしゃいます

 

そんな方を見ていると

まずやってみて、微調整かけて

またやって

というのを非常に短期間で繰り返しています

 

つまり最初から作り込まないということです

 

たとえば、あなたがなにか商品を売り出すとしましょう

それを作るのに10年かかったら、

失敗したらその10年が無駄になる気がして

世の中に出すのが気おくれすることでしょう。

 

でも、そのアイデアを思いついて

1日考えて作って、売り出したとします

そしたら、全く売れなかった

それで改良する

わからないことがあったら勉強する

何度かやっているうちに

1つ売れたがクレームが来た

それで、その悪かったところを修正して

それをお送りする

 

そんな感じで進んでいるうちに

あなたは、その商品について非常に深く理解し

実体験を伴った経験を持つ専門家になっています

 

 

ところが、動き出すのが怖くて

10年かけて商品を作った人は

その間に勉強もたくさんしています

でも、頭でっかちの、理屈だけ正論

実際には何もやっていないので

改善はしてきたものの、実体験がない

商品は、行動した人には追いつけるものにはなりません。

 

最初は、商品がうまくできないと思うなら

無料でいいんです

無料でやることで相手からのフィードバックもいただけるし

より良いものになっていきます

 

失敗した経験がたくさんある人は

お話も面白いですし

深みがあって魅力的です

 

でも経験がなくて、理屈で頭がいっぱいになっていて

人の教えに対して、そんなの知っていると言って話を聞かない

では、できてるかといえば、全くやったこともない

 

実際にできてるかと言うと、知ってるだけで

やったこともない、という状態になります

 

さあ、あなたはどちらが楽しい人生になりそうですか?

 

それもあなたの選択です

どちらも、間違いではありません

でもこれを、ここまで読んでくださっているということは

怖いけど本当は動きたいということですよね?

一歩踏み出してみてくださいね!

 

まとめると、

とにかく未完成でもいいから(無料で)やってみる

提供してみる

そして修正する

その繰り返し

 

いつのまにか、プロになっています!

 

お役に立てば幸いです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

41039193_2144660798942636_8304134823740440576_n

2019.6.28

令和元年のウエサク祭@ピラミッドセンターご報告と次回のお知らせ

先日開催した、ピラミッドセンターでのワークショップ 大好評をいただき、わたしたちも やってよかったね!と喜ん…

2021年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る