レモネードダイエットのリバウンドについて

c02f91e3e271e7eee4a788aa087b5f64

最近よく聞かれるのが

 

レモネードダイエットをしても

元に戻るのでは?

という話

 

まず大前提として

レモネードダイエットは

デトックスです!!

 

前にも書いていますが

痩せるためではなく、身体の大掃除です

 

定期的にやることで(私は年1〜2回)

身体に溜まってしまった毒素を排泄し

老けない、太りづらい身体にしていきます

 

で、

リバウンド、というけれど

レモネード中に落ちたのは

腸の中の残りかすと、便

体内のゴミ

などです

単純に空っぽになった状態なので

食事をすれば徐々に戻って行きます

(私自身の体験からお話ししています)

 

もし、落ちた体重をキープしたければ

2つのことをやってください

 

1、思考パターンの改革

2、食事の癖の改革

 

1、思考パターン

もしあなたが太りやすいのであれば、

以下のような性質があるかもしれません

 

自分を責めてしまう、とかストレスを抱えやすいという性質です

そしてとてもナイーブな方が多いのです

 

自分で責任を取るのはとても素晴らしい事ですが

その時に自分を責める必要はありません

思考は、自分自身ではありません

思考は脳のパターンです

自分が望む方向に変化させる事ができます

 

また、わたしの一番のオススメは

自分の理想の役柄になり切るということ

理想のセルフイメージを作り上げ

そうなっている心の状態をつくり

行動をしていくということ

これに関しては、また後日ご説明しますね

 

2、食事の癖の改革

これはいくつかありますが

まず、わたしがやってみて心地よかったのは

お腹が空かなければ食べない、という方法です

身体の声を聞くので、調和している感覚があります。

それから、水を常温かお湯で2ℓ以上飲むということ

少しづつ、ちょこちょこ飲みます。

500mlのペットボトルなら4本飲めばいいと

数えられるので、便利です

これは、レモネード中にもやりました。

頭痛が来た時にやると、頭痛が軽減されます

 

また太りやすい人の食べる癖として

お腹が空いてないけど(脳のストレスで)

甘いものや炭水化物を欲しているときに

食べ始めると

ブレーキが利かなくなるという状態です

 

脳が欲してるのは

とても強い欲求であり

意思でコントロールが難しいです

 

ではなぜ、脳がそんなにストレスになるのでしょうか?

 

上記の1でも述べたように、精神的に自分を追いつめたり

感情などを抱え込んだりしてしまうと

ストレスが溜まります

 

もうひとつ、睡眠不足は、非常に大きなストレスです

寝不足の時は、食欲が異常になることがよくあります

この対処はカンタンです。

眠る事です。

 

心(脳)のストレスをもっとも早く解消してくれるのは

甘いものなんですよね

セロトニンが出るからなんです

これを甘いものでなくて出すには

 

・自然の中で太陽を浴びる

・深い呼吸

・ゴージャスな気分になる事をする(天然アロマの香りのお風呂とか)

・ビタミンCとB6を摂る

・赤身のお魚やお肉、また、バナナ、豆乳、ヒマワリの種などを摂る

 

これらもセロトニンを出してくれます

食べ物じゃないほうがオススメです

でもどうしてもの時は、自分に甘いものを許してあげましょう。

その場合も、食べる前に、必ず野菜を食べてください

野菜だけで満足する場合もあります

最近の私のお気に入りは

味噌とメープルシロップを混ぜてディップにして

キュウリなどにつけて食べるおやつです

満足度高いです

 

ちょっと長くなりました。

また、別の機会に

色々と自分の人体実験を通して

研究したものをお伝えして行きますね

 

ご参考になれば幸いです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

88403eb126443f4b9b7900a252c86232

2017.3.15

なぜか抵抗感がある

意味もなく抵抗感があることって ないですか? たとえば、この場所がなんとなく嫌いとか …

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る