感情をコントロールしなくていい

IMG_2288

感情ってやっかいです

とてもパワーが大きいから、コントロールしようとすると

非常にエネルギーを使います

 

子供のように、シンプルに

笑ったり泣いたりできたらいいのですが

 

大人になると、特に負の感情を

抑えてしまうという人が多いのではないでしょうか?

 

それをやっているとき、

人はとってもたくさんのエネルギを使います

 

たとえば、怒りを押さえ込もうとすると、

内臓に負担がかかります

胃が痛くなったり、肝臓が硬くなったりします

 

感情は、ある種の武器でもあります

 

たとえば、動物でも

逃げ場がなくなると、威嚇しますよね

 

怒りのエネルギーを放出することで、

相手の攻撃からエネルギーで反撃し

身を守ろうとする

 

つまり動物として自然な反応なわけです

 

 

自分に怒りが出てきたときは

相手から攻撃されている

と、感じているのかもしれません

 

 

 

バカにされているとか

自分が間違えていると言われているとか

自分のせいにされているとか

自分が能力がないと思われる可能性があるとか、、

 

そんな風に感じた時は、動物として自然と

怒りという反応がでます

 

その攻撃のようなエネルギーを抑え込むと

自分に攻撃しているようなものです

 

ですから、怒りを蓄積させてしまうと

病気になるのですね

 

 

で、私たちは、相手がどう思うかを

コントロールすることは不可能です

 

人からコントロールされるのも嫌ですしね

 

どう感じるかは完全に各自の自由です

 

 

でも、自分の見方をコントロールすることは

できちゃいます

 

たとえば、

車で道を走っていると、

車が割り込んできた

 

イラっとしたとします

それをまず許してあげてください

ああ、イラっとしたね〜自分。と。

イラっとした自分を裁かないでください

それはただ、「起きる」のですから。

 

 

そのあとに、私は今、何を感じたのだろうと見つめてみます

イラっとしたのは、

自分の運転がノロノロしていると思われた気がしている?

横入りするのは、ずるい、と思った?

順番を守るべきだと思った?

 

自分の持っている考え方に気づく素晴らしいチャンスです!!!

いらない考え方をみつけたら

それを変化させることができます

 

そして、、

変化できるということは

今定義しているのは、

本当の自分ではないということです

 

 

 

本当の自分は揺るぎません

 

本当の自分は、ただ存在するエネルギーです

 

こういう人、というイメージは

あとから環境や自分の選択で

つけてきたものです

 

ですから、洋服のように

着替えることができます

 

ですが、人は、私はこういう人

というイメージを1度作ってしまうと

その状態を、キープしようとします

なぜなら、あの人急に

人が変わったと言われるのが

いやだからですね

何か嘘をついているような気がしたりします

 

でも、本当は、どっちも本当ではないんです

今までの自分も、

これからこういう人としてやっていくと決めた

新しい自分も。

 

だとしたら、これからの人生

幸せに生きる自分と

苦しく生きる自分のセルフイメージ

どちらを選択していきたいでしょうか?

 

人生はこれからどれくら残っていますか?

誰に遠慮して、あなたを変えることを躊躇するのでしょう

 

あなたの人生なんです

 

あなたは、何者でもないんです

 

自由に自分を作って、生きたいように人生を選択して行ってください

 

あなたが思っているほど、人は

あなたがそのままでいることを

強要したりはしませんし、別に変わったからといって

何か不都合が起こることもありません

 

周りは徐々に、新しいあなたに慣れていきます

 

エンジョイ!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2abf56de3ed8372a25e943650cc9a429

2018.2.12

おとの雫、久しぶりの開催

私の大事なお友達、須藤萬夕さんと 共同開催しているワークショップ、おとの雫 すごく久しぶりに開催します …

2022年5月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る